webライター シゴト

【Webライター】初心者ライターは執筆のコツを掴んでからブログを始めた方がよい理由を解説!

Webライターするならブログ書けっていうけど、ブログに割く時間がないよ!

ブログを始めたけど全く読まれない!(ブログ書けって)嘘じゃん!

クライアントワーク→ブログの順番がおすすめです!

ポイントです!

「Webライター ブログ」 で検索すると初心者Webライターは

ブログを始めた方が文章のコツが掴めたり、

ポートフォリオとして実績開示できたりと良いことづくめ!

という記事を目にしますが果たして本当でしょうか。

結果は本当ですが、後になって筆者は順番が大事だなと思いました。

だって、クライアントワークでは報酬は1回きりだけど、

自分のブログだったらアクセスある限りお金がザクザクって

魅力的じゃないですか〜笑

ちなみに本ブログはサーバー契約をしているため、

運用は有料(月1,000円ほど)有料テーマも買ったのでそれなり〜にお金がかかっています。

特に初心者ライターは始め、Lancers(ランサーズ)やCloud works(クラウドワークス)で

実力をつけてからブログを始めるとブログもスムーズに書けるようになるためおすすめです。

後半では具体的にブログはいつ始めるのかがよいかを書きましたのでぜひご覧ください。

初心者ライターはクライアントワークに力を入れてほしい

クライアントワークの魅力は報酬がもらえる、フィードバックが受けられる、

納期があるため強制的に文を書くことです。

個人ブログはすべてが自分との戦いになるため挫折しやすいです。

クライアントワークに力を入れるべき理由について細かく解説します。

収入に直結するから

クライアントワークでは報酬が発生するため、

文字単価が低くても仕事をした分報酬が入ります。

一方ブログは、記事を書いても自分のメディアにのせるだけなので、報酬はありません。

あれれ、ホントはブログで実現したいことだ!!!

GoogleAdSenseやアフィリエイトに挑戦する方法もありますが、

公開した記事が検索の上位に表示され、アクセスが集められないと広告収入が見込めません。

アフィリエイトも売れないと成果報酬に繋がりませんし、

タップされる(買われる)文章を書く必要があります。

ブログはむずかしい!即金性がないって言われる理由ですね

ポイントです!

まずはクライアントワークにて、文章をお金に変える力を身に着けた方が賢明です。

文章のコツを身につけられるから

クライアントワークでは納品後に検収され、

フィードバック後修正対応します。

この修正対応が自分の文章力を向上させる最大のポイントです。

まっとうなクライアントさまと仕事をすると、

ブログを始めたときに応用できるテクニックを盗むことができます。

こうやって書けばいいんだ!って感動する瞬間を大事にしましょう!

ポイントです!

ブログも構成やリサーチなど、Webライティングと共通する仕事が多くあるため、

まずはクライアントワークで求められる文章が書けるようになることで自分のブログでも成功しやすいです。

スケジューリングのコツがつかめるから

クライアントワークには納期があります。

Webライターは納期に間に合うよう、クライアントワークを進めます。

また、納期を守っても時間がかかればかかるほど

時給換算で単価が低くなっていくため

時間をかければ良いものではありません。

クライアントワークを続けることで時間と質のバランスがとれた記事作成ができるようになり、

のちのちブログを書くときも応用ができます。

以下にクライアントワークの利点をまとめました。

クライアントワークブログ
書く内容明確自分できめる分不明確
フィードバックありなし
納期ありなし

世の中のトレンドがわかる

ブログを始めると「何をブログで書こう」問題があります。

LancersやCloud works で募集されている内容はクライアントさまが求めていますが、

その先にほしいのは読者だったり購入されることですよね。

みんなが興味・関心がある方が読者や購入者につながりやすいので

クライアントさまが募集しているのは世の中のトレンドとマッチしています。

例えば
・仮想通貨取引
・季節性の高い記事
クリスマスプレゼント◯選など

お仕事募集のページでよく見かけるテーマは必要性が高いと考えられますので、

ブログテーマとして参考になります。

ブログを始めてはいけない理由

Webライターとして基礎ができる前にブログを始めると無駄になってしまう時間が増える点を解説します。

損をしたくなければクライアントワークに力を入れた方が結果的にブログが書きやすくなりますよ。

まともなブログが書けない

文字単価〜0.9円までの仕事では「文章を書くだけ」という仕事が多いです。

クライアントさまから構成を渡されて、見出しにあった文章を書きます。

ブログの場合、文章の骨組みである「構成」も自分で考えなくてはなりません。

ブログ内容のうち、構成は骨格をなす部分です。

骨格がしっかりしていないとまともなブログは書けません。

与えられた見出しに対して的確に答えられた文章を書けるようになり、

構成の意味が理解できてから始めたほうがブログ継続・上達の近道になります。

ポートフォリオとして機能しない

クライアントさまから「実績の提出」を求められ、

未熟なブログ記事のURLを送ったら最後、断られる可能性があります。

ブログの場合、自分で自由にかける分、クライアントワークのようにフィードバックがなく、

周りの記事を見比べるなど、判断基準が曖昧で独断になりがちです。

ある程度クライアントワークで実績をつけてから書き始めたほうが

ポートフォリオとしても機能し、自信もついていきます。

アクセスがなく挫折しやすい

初心者がブログでアクセスを集めるには記事を公開してから3ヶ月〜半年後になります。

・ブログは始めてから半年までがキツイ!

・1円を稼ぐまでがタイヘン!

SNSや他の人のブログで上記の文をみたことはありませんか?

最初のハードルが高いため、クライアントワークで実績がついてからブログを始めることをおすすめします。

お金がかかる

お金がほしいのにお金を払うんかい……あーあ

無料ブログで始める方法もありますが、

Google AdSenseやアフィリエイトを目的とする有料ブログ運用の視点からお伝えします。

WordPressでブログを運用する場合、

サーバー代だけで月々1,000円ほどお金がかかります。

初心者は1,000円を稼ぐのもタイヘンなため、

初心者のうちは余計なお金は支払わずクライアントワークに専念することがおすすめです。

初期投資は理解できるけど、お金かける意味あるのかな〜??

この悩みを解決するためにもブログに書く用の文章に慣れてから投資しましょう!

ポイントです!

テーマを使いブログを装飾する必要もあります。

テーマは無料もありますが、有料テーマの方が圧倒的に使いやすく、時間の節約になります。

ブログをやるぞ!っと決めた時に契約と一緒の購入がおすすめです。

ブログ執筆に時間がかかってクライアントワークに支障がでる

書く内容が予め決まっているクライアントワークに比べ、

ブログは自分でキーワードや書く内容を決める必要があります。

ブログは慣れるまでにクライアントワーク以上に時間がかかります。

ブログばっかりに力を割けないね……

クライアントワークの納期を守れなくなると信頼関係にヒビが入り、

仕事を任せてもらえなくなります。

クライアントさまからの依頼を満足にこなせてからブログを開設するのがよいでしょう。

ブログを始める最適なタイミングは?

Webライターがブログを書くと仕事に繋がったり、

文章力、表現力もあがるため効果的です。

クライアントさまの目線に立つと記事公開までのプロセスを自分で行うため、

記事がどのように公開させるかを学ぶことができます。

具体的にブログを始めるタイミングはクライアントワークの記事執筆を平均してそつなくこなせるようになってからです。

文字単価が1.1円を超えたあたりから

文字単価が1円以上の記事が書け、続くようになると読者がほしい情報、

わかりやすく書く方法が身についてきていると考えられます。

・リンク先が必要な情報を記事に盛り込む

・専門的な内容が必要になってくる

自分のブログにも応用できたらグーグルから評価される可能性があがったり、

リサーチ内容が充実し、より精度の高いブログの執筆ができます。

文字単価が1円を超えるといわゆる買いたたきではなく、

「あなたの文に価値があります」という証明になるため、

自信を持ってブログを書くことができます。

構成の仕事ができてから

初心者でライティング案件に応募すると、

「構成から考える」という案件があります。

記事の構成から作成できると、記事の成り立ち・骨組みを学ぶことができます。

骨組み(構成)に添った肉付け(文章)で一つの記事が完成しますので、ブログ執筆に応用しない手はありません。

クライアントワークでは仕事内容に構成作成と執筆がセットになっている案件があるので、

「読者が求めている記事とはなにか」を学ぶことができます。

構成の仕事をこなせるようになってからブログを始めれば、

書きやすく、執筆を継続しやすいです。

記事の修正がカンタンになってきたあたりから

記事の修正内容、回数が減ってきたあたりからブログを始めるとよいです。

「文として成り立っていません」「結論はどれですか?」というフィードバックのうち、

見出しの内容をまるごと変えるような修正内容だった経験はありませんか。

このような時にブログを書いてしまうと、何を言いたいかわからないブログが完成します。

このようなブログは読まれないため、

ブログを書くモチベーションも下がります。

また、ブログは継続することが大切で、

「読まれない記事(努力の方向が間違っている記事)」を量産しても

自分が消耗するだけでブログに面白みを見いだせません。

記事の修正がカンタンになった、クライアントさまの修正意図が理解できたあたりから

ブログを始めると書くコツがわかるためおすすめです。

記名記事が書けるようになったあたりから

記名記事とは文の冒頭や最後に記事を書いた人として名前が載ることをさします。

提出した記事が「自分の記事」となり、ポートフォリオに実績として書ける記事です。

自分の文章として自信をもって良いため、記名記事と同じようなクオリティで自分のブログがか書けるとアクセス数アップが期待できます。

記名記事が書けた人はブログも積極的に挑戦するとよいでしょう。

よくある質問

Webライター初心者がブログをやるべきは本当でしょうか?

本当です。ただし、クライアントワークで実績ができてからです。

文章の基礎ができていない、主張がちぐはぐな状態でブログを始めても読者はついてきません。

クライアントワークでは報酬が発生する以上、クオリティが求められます。

ある程度ライティングの力がついてからブログをスタートすると、書くのが楽しくなり、継続しやすいです。

初心者ライターがブログを始める最適なタイミングはいつ?

自分の文章に価値が出てきてからです!

クライアントワークに慣れて、構成から記事作成できるようになると、自分のブログに応用しやすいです。

専門的な分野では、情報源を提示して根拠を示すことがあるため、正しい情報を読者に届ける練習になります。

クライアントワークで「お金をもらいながら」文を書くコツを身につけてからブログを始めると良いです。

まとめ

初心者Webライターはクライアントワークによって記事執筆・納品をこなせるようになってから

ブログを開設したほうがよい理由について説明しました。

クライアントワークに力を入れたほうがよい理由は、執筆した内容に対してフィードバックをもらえたり、

納期を守って仕事ができれば自分のブログに活かすことができるためです。

ブログ運用は自分との戦いでもあるため、記事の精度がある程度上がってから執筆を始めた方が続きやすいです。

文章がかけるようにまずはクライアントワークを極めていきましょう!

  • この記事を書いた人

飯田まりか

千葉県出身の薬剤師・webライター ブログ、各種執筆を行っています 文章を勉強中 離島と神社がすき

-webライター, シゴト
-,