ライフハック

【メルカリ】売れなかった本は再出品?ブックオフも賢く利用しましょう。その理由を体験談を交えてご紹介します!

読み終わった本、読まない本をメルカリに出品しました。なかなか売れません。

筆者はブックオフを利用して本や雑誌を29冊処分しました。メルカリでの出品を取りやめ、再出品(再掲載)することもできますが、リユース店を利用しました。理由と共に解説します。

キーワードは売れるまでの時間と受け取る金額です。

なお、体験した結果が「まとめ」にありますので、結果だけしりたい方は目次からまとめをタップしてくださいね。

・メルカリで本は売れにくい?
・その本を手放したい理由を考える
・ブックオフを利用した体験談

不人気・半端・新鮮味がないと売れない

手放したいと思った本がメルカリで売れない。なぜか考えた事はありますか?筆者の29冊を元に分析します。

・ブームの去ったマンガ15冊(途中までそろえていた)
・買ったのを忘れてダブらせたマンガ1冊
・少女マンガ2冊(続きが読みたくて2冊だけ買ったが、飽きてしまった)
・人気作者の人気じゃないジャンルの本1冊
・雑誌5冊(今年1月〜5月号)
・10年前のマイナーなライトノベル5冊

いかがでしょうか。大多数の人がほしいと思える本が少ないですよね。特に雑誌の反応が悪く、次号が出る前に今月号を手放さないと売れていませんでした。また、スマートフォンの普及で雑誌とおなじかそれ以上の情報がネットで無料で手に入ってしまいますよね。

また、以前に5年程前に流行った株式投資の本を出品しましたが売れませんでした。基本的な考え方は現代に通用するものの、流行り廃りがありますので新鮮さ命だと痛感しましたよ。

状態が悪いと売れない

他人の書き込みはいやですよね

筆者は日頃、本の購入は中古が多いです。古書店で本の状態を理解していたので、小さなシミや傷、カバーの折れなどはあまり気にしていませんでしたね。気になるのは書き込みくらいでした。

通常、家で読書する分には気になりませんが、通勤などで持ち歩くとカバーに傷がついたり、飲み物の水滴がついてシワになったりと本の状態を下げるリスクがついてまわります。メルカリで詳細に説明しても売れませんでした。マンガ本は持ち歩いて読んでいたので傷が多かったと思っています。

需要がある本は400円以下であれば買い手がつくのが大半でした。ジャンルはお金と自己啓発です。多少状態が悪くとも情報欲しさに買われていきます。

値引きに限界がある

少ない巻数の本であれば、郵便と同じように安い送料で済むので、ある程度の値引きが可能です。マンガの全巻セットなどは入れる箱の大きさにより宅配料金が決まりますので、手数料、送料を加味するとできる値引きには限界があります。メルカリは出品者の送料負担が原則ですのでよく計算してから設定しましょう。

メルカリ配送方法早わかり表

引用元メルカリ公式HP/配送方法早わかり表より

本を手放す目的を考える

あなたがもし、1円でも高く売ることが目標でしたら出品→値下げ→再出品→値下げを繰り返して売れるまで作業をしてもいいと思います。しかし、片付けや引っ越し、本があったスペースを物理的に空けたい場合はどうでしょう。

できるだけ早急に本を処分したいと思うはずです。そのような時に便利なのがブックオフの買取サービスです。持ち込みまたは出張で査定、その場で買取をしてくれますよ。

状況によって手放し方を考える必要がでてきますね。筆者はメルカリに出品後3ヶ月から半年売れなければブックオフで買い取ってもらうようにしています。

ブックオフの買取を考える

筆者は妥当であると考えます。以下が29冊の詳しい内容と内訳です。

・青年誌連載だった漫画1〜15巻(18巻で完結の作品) それぞれ5〜20円

・青年誌連載だった漫画4巻1冊(32巻で完結の作品) 20円

・少女漫画2巻(数巻あるうちの5巻と6巻) 各5円

・文庫本1冊 (一冊で完結の物語) 20円

・雑誌5冊(2021年1月号〜5月号) 各5円

・ライトノベル5冊(5巻完結でマイナーなもの) 値段つかず

合計195円でした。いずれも高額買取には値しない作品です。

ブックオフでは作品が完結したセットで持って行っても買取金額アップなどのキャンペーンはやっていないとのこと。

つまり一番上の例で18巻までの漫画では途中まで揃えていた15冊の値段とと18冊持ち込んだ場合とでは大差ないのですね(あっても60円でしょうか。巻数が増えるほど買取金額が20円になりました)

査定を含めたスタッフの人件費、店舗の家賃、売れなければ在庫になることを考えれば妥当ですよね。また、手放すことが目的です。感想として金額よりも本を置いていたスペースが一気に空いたことに喜びを感じました。

ジャンルがバラバラでもまとめて売れる、売れるタイミングを自分がコントロールできるのは大きなメリットといえますね。

まとめ

メルカリブックオフ
メリット・価格を自分で決められる
・手に入る金額が多い場合が大半
・ブックオフで値段がつかない本もお金にかえられる可能性もある
・手放したいタイミングで売れる
・値段がつかなくても引き取ってもらえる
・送料を気にせずまとめて売れる
・査定を依頼、持ち運びさえすればスタッフの方々がやってくれる(圧倒的に楽)
デメリット・送料、手数料を考えて値段をつけなければいけない
・梱包、配送の手間がある
・手に入る金額が少額の場合が多い
・値段がつかないと、寄付になる
・メルカリで本は売れにくい?
・その本を手放したい理由を考える
・ブックオフを利用した体験談

29冊売って195円という結果になりました。時間と金額を考えて手放す方法を検討したほうがいいですね。

  • この記事を書いた人

飯田まりか

千葉県出身の薬剤師・webライター ブログ、各種執筆を行っています 文章を勉強中 離島と神社がすき

-ライフハック