未分類

【クラウドワークス】を始める初心者必見!注意点5つと始めやすい仕事をご紹介

「在宅ワークを始めるならクラウドワークスが良さそうだけど大丈夫なのか心配」

「クラウドワークスをはじめてみたいけど、怪しい仕事がある」

特に初心者はクラウドワークスで仕事を探す以外にインターネットで注意点を調べながら作業を進めていくことになります。

この記事では、悪質なクライアントの特徴を厳選して5つ紹介するのと、出会ってしまった際の対処方法、それでもクラウドワークスが初心者におすすめできる理由を順に解説します。

これだけはおさえたい悪質なクライアントの特徴5選

クラウドワークスで仕事をする上でトラブルに巻き込まれるのは嫌ですよね。

一部ですが悪質な発注者(クライアント)が存在します。騙されないためにも代表的な事例を知っておきましょう。

報酬が明らかに低い

クラウドワークスには発注相場があります。初心者に人気の仕事である記事作成では2,000字で2,000円(1文字あたり1円)、翻訳では1記事あたり10,000円〜12,000円が相場となっています。

あくまで一例ですが、相場より低い金額の場合は、仕事量に対して割に合わないと感じることもあるため、注意が必要です。

どの仕事でも時給に換算して、仕事量と報酬が見合っているか確認する。

自分の作業量を把握して、納得できる報酬かを確認するとよいでしょう。

メッセージのやりとりで納品させる

「応募画面へ」をクリックすると、仕事に応募ができます。その際にクライアントとやりとりをするのが「メッセージ」欄です。

契約前に「メッセージ」で選考しますとうたい、テーマに沿ったものを作成させ、納品するよう促す例があります。

契約前はクライアントからの支払いがされていません。

成果物を提出後、選考の結果、不合格と伝え、報酬を支払わず音信不通になるケースがあります。

成果物を持ち逃げされないように契約、仮払い前に作業しない、メッセージ欄に成果物を投稿しないように注意しましょう。

LINE@に誘導する

応募が完了し、契約を結ぶ段階で

「仕事を募集している段階で希望者が多く、埋まってしまった。代わりに〇〇の仕事をお願いできませんか」

と、LINE@のアカウントと共に案内がくる場合があります。

外部リンクから他のサービスへの誘導となり、規約違反になるので応じないようにしましょう。

テスト記事の単価が低い(高単価でつる)

仕事の詳細には単価が相場と同じか、高単価な金額で書かれていますが、「テストとして100円で申請してほしい」とお願いされる仕事があります。

後述する評価を見ながら仕事を受ける・受けないにはなりますが、初心者の場合、テストで本番と同じような内容の仕事をして100円の報酬が支払われて終わりの可能性もあるので注意が必要です。

商品の受け渡しをお願いする案件に注意

契約を結んだ後に、インターネットで商品購入の代行する仕事が存在します。仕事を請け負うワーカーが外部で支払うことはありませんので、応じないようにしてください。

ライティングの仕事とセットで依頼する悪質なクライアントも存在するので、詳細に目を通していただき、ご自分でも一度公式ページを確認することをおすすめします。

当サービスでは、購入代行のような受注者様に一時的にでも金銭的な負担が発生するようなお仕事や、外部サービスの利用規約で禁止されているような「初回限定商品」や「抽選商品」の購入を代行するお仕事を禁止しております。

仕事依頼ガイドライン、利用規約に抵触するようなお仕事についてのお知らせ | クラウドワークス お知らせブログ

筆者が体験した悪質なクライアント例

実際に筆者が体験した悪質なクライアント例は以下があります。

・メッセージのやりとりで選考が始まり、テスト記事を納品。連絡がつかなくなる。

・6000字のライティングをするも、文字単価が0.4円で2400円しかもらえなかった。

どちらも事前に情報を得ていれば防げました。また、LINE@に誘導するメッセージも経験しましたが、違和感に気づき、契約を辞退しています。

安全に仕事を獲得するには

クラウドワークスで安全に仕事をする上で注意するポイントを3つ紹介します。

評価を確認する

PC版では顔写真の横に★で示されています。評価は仕事終了後にワーカーが記入しますので、★4以上あれば安心して仕事ができるクライアントの目安になります。

プロジェクト完了率をみる

プロジェクト完了率とは、プロジェクト形式の仕事の場合、途中で契約が終了せず、業務を最後まで終えた割合になります。100%に近い方が完了した割合が高いので、80%以上を目安に選びましょう。

継続して仕事が得られた場合、途中解約なく仕事ができる可能性が高くなります。

本人確認されているかをみる

クライアントが本人確認をしているかを確認します。クライアントの身分証明書がクラウドワークスに登録されていますので、未確認のクライアントよりも安全と言えます。

法人の場合もロゴマークが写真欄に貼ってあるのかと本人確認が済んでいるかは応募する上での判断材料になります。仕事内容を確認する前にチェックすることをおすすめします。

クラウドワークスで実際にあった例

クラウドワークスで実際にあった悪質なクライアントの例を紹介していきます。

webライターの仕事で単価が極端に低い例

Webライターの文字単価に関するツイートです。単価が0.1円ですと、2000字書いても200円しかもらえません。

動画編集の仕事で単価が極端に低い例

動画編集の仕事でも低単価な場合があります。相場を確認して適正価格で仕事を受けたいですね。

本契約は相場と同じくらいだが、テスト記事の単価が低い例

テスト記事(トライアル)の単価が低い例です。詳細を確認してから、仕事を引き受けるか決めたほうがいいですね。

もしも悪質クライアントに出会ったら

もし悪質なクライアントにあってしまった際の具体的な対処方法をご紹介します。

契約をしない

「やばいかな」「やめたほうがいいかな」と、違和感に気がつく場合があります。案件に一度着手してしまうとワーカーとして仕事をしなければならないので、契約をしないのが賢明です。

途中終了(契約辞退)する

メッセージ欄上部▶途中終了リクエスト

案件に着手してから悪質な条件に気がついた場合、途中終了(契約辞退)を申し出ましょう。メッセージ欄上部に契約途中終了リクエストという項目がありますので申し出ることができます。

リクエストするコツは、早い段階で申請することです。報酬は支払われないので作業を進めてしまうと作業分がタダ働きになります。

運営に報告する

メッセージ欄上部▶違反報告をする

契約をむすんだ後のメッセージ欄上部の途中終了と同じ列をみてみましょう。

「違反報告をする」(一番下)をクリック(タップ)すると、悪質な案件をクラウドワークス事務局に報告できます。

事例を共有することで、運営側も実態を把握しやすくなります。

状況を文面で説明するのが少々面倒ですが、今後もクラウドワークスを利用していきたいなら、共有することも大切です。

それでもクラウドワークスが初心者にとって仕事を始めやすい理由

悪質なクライアントは一部に過ぎません。クラウドワークスが初心者にとって仕事をしやすい理由を説明します。

初心者でも仕事を得やすい

クラウドワークスでは仕事を探すだけなら会員登録しなくても、募集されている仕事を「仕事を探す」で検索し、内容を確認するところまでできます。

実際にできそうな仕事があったら会員登録し応募できます。一から営業して仕事を獲得する必要がないので、仕事を得やすいです。

報酬の未払いがおきにくい

クラウドワークスでは、仕事を受けて納品を行い、クライアントの検収後に報酬の支払いがされます。直接営業して仕事を獲得した場合、検収後に連絡がつかなくなり、成果物だけとられる可能性があります。

クラウドワークスの場合、報酬は先払いで一度運営事務局が預かり、検収後ワーカーに支払われるという流れになりますので、クライアントから途中終了されなければ、報酬の未払いがおきにくいです。

登録が無料でできる

クラウドワークスは仕事を納品し、報酬が支払われたあと利用料金(手数料)が引かれる仕組みになっています。このため、登録自体は無料です。

年会費もかかりませんので登録だけして、めぼしい仕事があったときに慌てないようにしましょう。

クラウドワークス公式へ

クラウドワークスで初心者が始めやすい仕事

パソコン一台とインターネット環境があればすぐに始めやすい代表的な仕事は主に3つです。

ライティング・記事作成

Webに表示される文章を執筆する仕事になります。具体的にはコラム、商品説明、体験談などです。クラウドワークスには作成難易度があり、「初心者」を選ぶと良いです。

事務・カンタン作業/テープ起こし・文字起こし

事務・カンタン作業のジャンルにはテープ起こし・文字起こしの仕事があります。

ICレコーダーに録音された会議やインタビューなどを文章にする仕事です。耳で聞き取った内容を文字にするため1から文章を作成する作業はないのが特徴です。

翻訳・通訳サービス

日本語を英文に、英文を日本語になど異なる言語に訳す仕事です。語学の知識があれば、仕事になるので初心者は取り組みやすいです。

クラウドワークスを初心者が利用する際の注意点のまとめ

クラウドワークスの悪質なクライアントには、単価が低い、テスト記事の単価だけが異様に低い、メッセージのやりとりで納品させる、LINE@など外部サービスへつなげる、商品の受け渡しを要求される特徴がありました。

悪質なクライアントの例は多様化しており、すべてを防ぐのは難しいですが対策はあります。

悪質なクライアントから仕事を受けた際は、早めに仕事を途中終了します。低単価の場合はタダ働きに近い仕事をしなくて済みます。

それでもクラウドワークスが初心者におすすめできるのは、登録が無料でできる点と、報酬の未払いがおきにくい点と仕事を得やすい点が挙げられました。

悪質なクライアントの注意点をおさえていただければ、クラウドワークスは安全に仕事が得られる場といえます。クラウドワークスで仕事をしてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人

飯田まりか

千葉県出身の薬剤師・webライター ブログ、各種執筆を行っています 文章を勉強中 離島と神社がすき

-未分類